早漏の特効薬のダポキセチンはセロトニンを増やす

ダポキセチンとは日本国内では一般的に販売されてはいませんが、海外で開発されて流通している早漏治療薬の成分となります。

ダポキセチンを服用することによって、脳内における過剰な興奮を抑制させることが可能となり、適正な状態を保つことができます。

それによって、性行為のときに早漏になることを防止できる効果が得られるために、早漏治療の特効薬という解釈もできます。

早漏に悩んでいる男性は全国に多数いると考えられますが、近年は医学的な側面において早漏治療を行う医療機関も登場しています。

ダポキセチンは日本の医薬品として承認を受けていない種類の成分に該当しますので、早漏治療を専門的に受診することができるクリニックで購入することはできません。

ただし、インターネット上で海外の医薬品を個人輸入して通信販売を行っている業者がありますので、そのような業者の通販サイトを利用することで未承認の海外医薬品を購入する方法があります。

通販サイトから購入することで、ダポキセチンが配合されている医薬品をはじめとして特効薬を入手することが可能です。

ダポキセチンは早漏治療の特効薬と言えますが、この成分はSSRIという精神の治療薬の成分でもあります。

SSRIは選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれるもので、経口医薬品として口から飲むことで摂取できます。

選択的セロトニン再取り込み阻害薬は、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの量を増加させる効果がある医薬品です。

セロトニンの再取り込みを阻害することができるので、うつ病時のセロトニンが減少している状態における不足分を補充が可能で、うつ病の回復のためにも使用できます。