ダポキセチン.com

ダポキセチンで焦る気持ちを落ち着かせて…性行為はそれからでも遅くないですよ。

うつ病や早漏症に活用されているダポキセチンとは

早漏について診察を受ける患者ダポキセチンは早漏症の治療として使われている、早漏治療薬のブリリジーの主成分として知られています。薬剤としてはSSRIに分類され、それは、うつ症状やうつ病、気分障害などの改善に使用される抗うつ剤として、よく使用されています。

ダポキセチンは、ブリリジーを内服治療している患者の中で射精時間の延長などの早漏改善効果があることが分かったために開発された薬であり、また、他のSSRIに比べ、ダポキセチンは圧倒的な射精時間の延長効果が知られ、早漏症には大きな効果が確認されています。

脳内の神経伝達物質の1つであるセロトニンがありますが、これは、快感を増幅する作用を持つドパミンや緊張、不安、といったストレスに反応する働きを抑制し、興奮や不安といった精神的なバランスをとる作用があるといわれているものです。早漏症の患者は、このセトロニンが不足していることが知られており、そのためにアドレナリンの分泌が過剰となっています。ダポキセチンを服用することによってセトロニンの濃度を高め、また、増加することによってアドレナリンの過剰な分泌を抑制したりでき、敏感になり過ぎている脳にブレーキをかけることができます。また、それはうつ病にみられる、不安などにも効果があります。

ダポキセチンを使用する場合には、その副作用と服用する上において注意をしなければならないことがあります。

まず、副作用に関しては、ダポキセチンは副作用が小さいことが知れて、比較的に安全な薬と言われています。しかし、個人によっては頭痛やめまいなどの症状が報告されています。服用上においては効果的な摂取する時間、また、量が定められているためにしっかりと分量などに関して守る必要があります。

他にも、ダポキセチンは医療期間でうつ病や早漏症と診断された場合でも個人の状態によっては処方できない場合がありますので、医師からの指示が重要となります。